/

この記事は会員限定です

ニセコ投資熱に歯止め必要?2人のキーマンに聞く

[有料会員限定]

国際スノーリゾートのニセコ(北海道倶知安町・ニセコ町)では、新型コロナウイルス下でも国内外からの投資が旺盛だ。固定資産税の上昇につながる地価高騰に歯止めがかからず、開発の規制強化も議論され始めた。リゾート開発と日常生活のバランスをどう取るか。キーマン2氏に聞いた。

NACフィンドレー社長「まちづくりに専門家の声を」

■ロス・フィンドレー氏(Ross Findlay)
1985年(昭60年)豪キャンベラ大卒。スキーインストラクターなどを経て89年に来日。95年NACを設立。ニセコの外国人定住者の先駆けとして知られ、ニセコプロモーションボード代表理事も務める。オーストラリア出身、57歳。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン