/

北海道江差町の観光機構、緊急情報を4サイトに自動配信

北海道江差町では、戊辰戦争中に沈んだ軍艦「開陽丸」を復元した記念館などが旅行者に人気

北海道南西部の江差町にある北海道江差観光みらい機構は、地震や交通機関の運休といった緊急情報を、観光関連の4つのホームページ(HP)に自動配信するシステムを稼働させた。災害時などに観光客の不安を減らすのが狙いだ。

機構の担当者が町の観光情報ポータルサイトに情報を入力すると、旅行者の閲覧が多い江差観光コンベンション協会、江差追分会、開陽丸記念館、江差町歴まち商店街のHPにも自動的に表示される。町営施設の臨時休業、奥尻島と結ぶフェリーや周辺の鉄道・バスの運休、主要道路の通行止めなど幅広い情報を提供する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン