/

この記事は会員限定です

シシャモ・イカ・サンマ、北海道で記録的不漁に

[有料会員限定]

北海道がまとめたシシャモの2020年漁獲量(速報値)は295トンで、前年に比べ41%減った。統計で比較できる1985年以降では、最も少なかった88年の338トンを下回り過去最低。シシャモは北海道の太平洋側で秋から初冬にかけて、こぎ網漁で主に水揚げされる。

海水温上昇などで、北海道では20年もイカやサンマ、サケの不漁が続いた。スルメイカの函館市水産物地方卸売市場での6~12月取扱量は生鮮・冷凍合計で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り226文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン