/

この記事は会員限定です

逆風のスキーリゾート、ニセコもトマムも苦戦中

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍でインバウンド(訪日外国人)がほぼ消えたこの冬、北海道のスキー場の集客は二極化している。ニセコやトマム(占冠村)などリゾート型が苦戦する一方、札幌近郊のスキー場は好調。異例の冬は知恵比べの様相を呈してきた。

海外・道外客の比率が高かった「ニセコマウンテンリゾート グラン・ヒラフ」(倶知安町)は山麓に近い小型リフトを中心に営業を縮小している。今シーズンはゴンドラの運行を日中に絞っ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1217文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン