/

この記事は会員限定です

ピロシキはむしろ焼け、函館でじわり市民権

[有料会員限定]

ピロシキは揚げパンにあらず。北海道函館市では本場ロシア仕込みの「焼きピロシキ」が主流だ。まるたま小屋(同市)など7店が組み、新たなご当地グルメとして浸透。味付けだけでなく、具材もエゾシカ肉やブリなど食の王国、北海道ならではの多彩なラインアップが光る。

3月27日、函館蔦屋書店のイベントスペースで開かれた「ピロシキ博2021」には函館市内のベーカリーのほか関西のピロシキの名店「モンパルナス」も参加。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1302文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン