/

この記事は会員限定です

食品ロスが高級ラム肉に、びっくりドンキーの循環経営

[有料会員限定]

ハンバーグ店「びっくりドンキー」を展開するアレフ(札幌市)が独自の循環型経営に磨きをかけている。店舗の食品ロスは直営の観光牧場「えこりん村」(北海道恵庭市)で肥料や燃料に変わり、生産された羊肉がお店で提供される。2050年の二酸化炭素排出量8割減を目指すサイクルが板についてきた。

アレフの各店舗には車1台分の大きさの生ごみ処理機が設置されている。生ごみは数日かけて熱風で乾燥・粉砕され、体積が約半分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り821文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン