/

ナシやブドウ、新幹線で仙台から北海道に運び販売

JR東日本子会社の仙台ターミナルビル(仙台市)は9~10日、北海道函館市の函館駅で、宮城県の物産を販売するフェアを開く。商品のうち、ナシやブドウは9日朝、仙台駅で東北新幹線に積み込んで送る。直通運転している北海道新幹線の新函館北斗駅(北海道北斗市)で下ろし、新鮮なうちに販売する。

新幹線で荷物も運ぶ貨客混載を実施しているJR東日本仙台支社やJR北海道函館支社などと連携する。フェアでは果物以外に菓子「萩の月」や牛たん、かまぼこなどを出品するほか、宮城県観光をPRする。11月には北海道の駅弁を新幹線で運び、仙台駅で売るイベントも予定している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン