/

この記事は会員限定です

北大と富士通研究所 改善方法示すAIを開発

[有料会員限定]

富士通研究所と北海道大学(札幌市)の共同研究チームは健康診断などの結果を踏まえ、具体的な改善方法を示す人工知能(AI)を開発した。健康診断のほか、ローンの与信審査や酒類の評価などに活用できる。

例えば、健康診断などでAIが身長や体重、血...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り116文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン