/

この記事は会員限定です

医療機器の常光、ナノテクで米スタンフォード大と連携

[有料会員限定]

札幌発の医療機器メーカー、常光(東京・文京)は9月、物質をナノ(ナノは10億分の1)メートルレベルまで破砕する機器「超高圧ホモジナイザー」を米スタンフォード大学に無償提供した。同大の研究者に利用してもらい、最先端の材料を処理する経験を積むことで事業拡大につなげる。

常光はスタンフォード大敷地内にあるナノ加工関連の研究施設に超高圧ホモジナイザー「NAGS20」を設置した。同大の研究員や近隣企業に所属...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り894文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン