/

この記事は会員限定です

緊急事態宣言検討に緊張感、北海道の官民トップ訓示

[有料会員限定]

仕事始めの4日、北海道でも官民トップが年頭あいさつで新型コロナウイルス対策の決意や経営方針を語った。菅義偉首相が同日、1都3県を対象に2度目の緊急事態宣言の検討を表明。年頭あいさつにも緊張感が漂った。

北海道の鈴木直道知事は「(新型コロナウイルスなど)感染症に強い地域社会を作っていく。ポストコロナを見据えた北海道づくりを進めていく上で重要な1年になる」と述べた。集合型の訓示はやめ、庁内に向けて生放...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り881文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン