/

この記事は会員限定です

日ハム稲葉GMが取引開始の打鐘 札証が大発会

[有料会員限定]

札幌証券取引所は4日、2022年の最初の取引となる大発会を迎えた。取引開始を告げる「札証の鐘」はプロ野球日本ハムの稲葉篤紀ゼネラルマネジャー(GM)が打ち鳴らし、上場するアインホールディングスの大谷喜一社長ら市場関係者、約50人が出席した。

稲葉GMは「23年には新球場の開業も控えているが、私は今年が勝負だと思っている。新庄剛志監督は『...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン