/

この記事は会員限定です

札幌ベッドタウン争奪戦、流れ変える「ロイズ新駅」

[有料会員限定]

新型コロナウイルス対策で働き方が激変した2020年、札幌市への転入超過は1万人超と全国でも5番目の高水準に達した。がぜん熱を帯びる北の大地のベッドタウン争奪戦。札幌に隣接する当別町と北広島市にはJR新駅という千載一遇の追い風が吹く。

22年、当別町内を走るJR札沼線にできる新駅名に企業名「ロイズ」を冠する方向で町とJR北海道が調整していることが明らかになった。同町に工場を置く菓子メーカー、ロイズコ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン