/

この記事は会員限定です

JR北海道は全区間赤字、「札幌圏」落ち込み目立つ

[有料会員限定]

JR北海道が3日発表した2020年4~12月期の区間別収支は全23区間で営業赤字だった。新型コロナウイルスの感染拡大で観光客が激減し、テレワークの拡大でビジネス利用も減少。札幌と新千歳空港を結ぶ「快速エアポート」を含む札幌圏の落ち込みが目立った。

前年同期と比較すると、営業損益は14区間で悪化した。5月に廃止した札沼線(北海道医療大学―新十津川間)を含む全23区間の営業赤字は597億円(前年同期は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン