/

この記事は会員限定です

「札幌バレー」に再興機運 初の創業期支援ファンド

北大発新興、AI分野で実績

[有料会員限定]

1990年代にIT(情報技術)スタートアップが集積し、「サッポロバレー」と称された札幌で再び起業の機運が高まってきた。4月には創業直後の企業を支援する道内初のファンドが誕生。起業の裾野が地方に広がるなか、北海道大を基盤として人工知能(AI)分野で実績を上げている。産官学の連携で第2次「サッポロバレー」の土壌が醸成されつつある。

「地元の課題を解決する熱意を持った起業家を後押ししたい」。スタートアッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1546文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン