/

サッポロ系が札幌で新複合ビル 24年開業

サッポロホールディングス(HD)子会社で商業施設「サッポロファクトリー」運営のサッポロ不動産開発(東京・渋谷)は2日、札幌市内で商業施設とオフィスが入る新たな複合ビルを建てると発表した。秋にも着工し、2024年の開業を目指す。

22年5月まで使っていたサッポロファクトリーの第4駐車場を解体した跡地に建設する。地上8階地下1階建てで延べ床面積は約1万4000平方メートル。低層階に商業施設、中層階以上にはオフィスが入居する。総事業費は非公表。

第4駐車場は1993年のサッポロファクトリー開業時から使っており、老朽化が進んでいたという。札幌市内では2031年春の北海道新幹線札幌延伸に向け、再開発が盛んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン