/

この記事は会員限定です

北海道に生チョコ「ロイズ」駅 JR、20年ぶり新駅

[有料会員限定]

JR北海道と当別町は2022年にも同町で開業する札沼線の新駅名に企業名「ロイズ」を冠する方向で調整に入った。JR北にとって20年ぶりとなる新駅は請願駅で、菓子製造のロイズコンフェクト(札幌市)が建設費を負担する。「生チョコレート」で知られる同社の知名度を生かした街づくりが本格化する。

既存の「石狩太美」駅(当別町)と「石狩当別」駅(同)は駅名から石狩を除く方向で検討している。駅名変更にはIC乗車券...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1078文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン