/

ソニー系、札幌の集合住宅でローカル5Gサービス開始

ソニーグループ傘下のソニーワイヤレスコミュニケーションズは札幌市で、限られたエリアで大量のデータをやりとりする高速通信規格「ローカル5G」を活用した集合住宅向けインターネット接続サービスを始める。まず中央区で12月中旬から開始し、エリアを拡大していく考え。

同社が提供する「NURO Wireless 5G」は住居ごとの配線工事が不必要で、光回線が使えないマンションでも通信制限なく5Gの高速通信が使用できるようになる。基本料金は月4950円で、専用ルーターのレンタル料金も含まれる。同サービスは東京など首都圏で導入されており、札幌市でも展開する。

北海道では、ローカル5Gは日本製鉄の北日本製鉄所(室蘭市)や北海道電力の苫東厚真火力発電所(厚真町)で導入実績がある。工場内の設備に接続すれば通信品質や速度が上がる分、遠隔監視の精度も高まるのが利点だ。情報漏洩のリスクを下げ、通信遮断や遅延を起こしにくい点も特徴。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません