/

この記事は会員限定です

北海道はペット殺処分の低さ全国2位、旭川2年連続ゼロ

データで読む地域再生・北海道

[有料会員限定]

北海道は保健所が引き取ったペットのうち、殺処分する割合が2020年度は6.4%と全国で2番目に低かった。旭川市が20、21年度の2年連続で殺処分ゼロを達成したほか、札幌市内のNPO法人は新たな飼い主探しで対象を広げている。引き取り手を一人でも多く見つける努力が実った。

北海道の12年度実績は48.1%と、殺処分率の低さで全国1位だった。20年度調査でも岡山県(4.9%)に次いで2位。動物愛護への...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン