/

この記事は会員限定です

雪が育む「神の魚」 サケなら負けない北海道

[有料会員限定]

北海道とサケは切っても切り離せない。アイヌ民族は「カムイチェプ(神の魚)」「シペ(本当の食べ物)」と呼んで大切にしてきた。近海での漁獲高は低迷しても、加工の知恵は多彩。冬の恵みの雪を生かし、うまみ成分のアミノ酸を2倍に増やすアイデアも登場している。

北海道の水産加工大手、佐藤水産(札幌市)が期間限定で販売する冬の味覚が「雪中熟成鮭」。塩ザケを真空パックに入れ、同社の第2工場の屋上に積もった雪の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1384文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン