/

この記事は会員限定です

知床牛は「完全道産子」、とろけるサシの芳香

北海道食の王国

[有料会員限定]

世界自然遺産「知床」のブランド牛は生まれも育ちも、食べるものまで北海道産にこだわっている。カネダイ大橋牧場(北海道大空町)は繁殖まで自ら手がけ、熱に溶けやすいサシの質を追求してきた。限定生産の精肉には東京にも固定ファンがついた。

知床観光の玄関口、女満別空港(大空町)から車で約20分の同町東藻琴地区で、カネダイ大橋牧場は年間400頭程度の肉牛を生産している。「知床牛」を名乗れるのはこの牧場で育った...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン