/

この記事は会員限定です

林崎内閣官房総括官「コロナ禍、地方創生のチャンスに」

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍を契機に東京一極集中が変化の兆しを見せている。住民基本台帳人口移動報告によると、東京都の人口は2020年7月から21年2月まで8カ月連続で転出超過。流れを生かそうと政府は地方で都会と同じ仕事ができるテレワークの推進に注力する。地方創生の事務方トップである内閣官房地方創生総括官の林崎理氏に狙いを聞いた(日経グローカル409号に詳報)。

――東京都から人口の流出が続いています。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン