/

山梨県、感染症の対策組織始動 米CDCがモデル

山梨県感染症対策センター(山梨県CDC)の看板を掛ける長崎幸太郎知事㊥ら(1日、甲府市の山梨県防災新館)

山梨県は1日、新型コロナウイルスをはじめとする感染症対策の司令塔となる「山梨県感染症対策センター(山梨県CDC)」を創設した。長崎幸太郎知事が米疾病対策センター(CDC)をモデルにした組織の設立を全国に先駆けて打ち出し、これまで準備を進めてきた。

長崎知事は開所式で「センターの役割は有事である現時点で感染症対策の最高司令部で、コロナが収まった後は人材育成や新たな脅威への備えが主な使命となる。平時から専門家らとのコミュニケーションを構築し、次に脅威が来た時にも県民の命を守り、生活を守り抜くために大きな役割を果たすことを確信している」と述べた。

山梨県CDCは、感染症対策の立案から実行までを一元管理する体制で、新型コロナウイルス対策だけでなく、肝炎や結核などの対策を担当する職員も配置している。

また、国内外の感染症専門家からなる「グローバル・アドバイザリー・ボード」を設置し、公衆衛生関係機関や研究機関と直接のつながりを構築して情報・知見を収集・分析し、県民に必要な情報を発信していく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン