/

この記事は会員限定です

千葉いすみ市沖、洋上風力発電に有望 県が国に情報提供

[有料会員限定]

千葉県はいすみ市沖を洋上風力発電の有望な候補地として国に情報提供した。県内では銚子市沖が洋上風力発電を促進する再エネ海域利用法に基づき2020年7月に促進区域に指定され、11月に発電事業者の公募が始まった。県内2番目の区域指定へ漁業関係者らとの合意形成を目指す。

銚子市沖と同じく風車の土台を海底に固定する「着床式」を念頭に、同市沿岸の3キロ以上沖合の砂地部分を対象区域として情報提供した。同区域に共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り279文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン