/

この記事は会員限定です

宮城教育大と内田洋行が連携協定 情報活用能力を育成

[有料会員限定]

宮城教育大学と内田洋行は31日、教員などの情報活用能力育成に向けた包括的事業連携協定を結んだ。コンピューターを活用し情報を得たり、整理して発信したりする情報活用能力を育成するための教育カリキュラムなどについて共同で研究開発を進める。

教育や学校向けの商品やサービスを幅広く手掛ける内田洋行の情報通信技術(ICT)やノウハウを活用し、今後具体的な取り組みを検討する。4月には宮城教育大に同社の教育総合研究所の人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り293文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン