/

埼玉・所沢で乗り合いタクシー 西武ハイヤーが試験運行

西武ハイヤーが試験運行する「ところワゴン」

西武ハイヤー(埼玉県所沢市)は1日、所沢市内で乗り合いタクシー「ところワゴン」の試験運行を始めた。車両が満席になった場合には別の車両を用意して利用者を乗せる安心感が売り物で、ハイヤー・タクシー事業者が自治体の乗り合いタクシーを運用する強みを生かす。

市内の三ケ島地区と西武狭山ケ丘駅を結ぶ2ルートで運行し、料金は1回200円。高齢者や障害者ら地域住民の足としての利用を見込む。1年間試行し、需要が見込めると判断した場合は本格運行に移行する。

「ところワゴン」は誰でも利用でき、各ルートで午前7時~午後6時に1日12便運行する。車両は乗客定員8人のワゴン型で、定員オーバーの場合は別の車両を手配する。担当者は「地域の声を大切に安心安全な運行を目指したい」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン