/

この記事は会員限定です

新潟でブレンド日本酒花盛り コロナ禍で新たな需要開拓

信越トピックス

[有料会員限定]

酒どころの新潟で、複数の蔵元が連携してブレンドした日本酒を売り出す動きが相次いでいる。新型コロナウイルスの影響で飲食店向け需要が落ち込む中、目新しさや従来にない味わいを消費者にアピールすることを狙う。本数限定だが「定番化」を決めた例もあるなど、新たな需要喚起策として注目を集めている。

千代の光酒造(新潟県妙高市)と鮎正宗酒造(同)が3月4日に発売した「ニホンノ、オサケ 千代鮎」(720ミリリットル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1512文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン