/

この記事は会員限定です

コメリの捧社長「住環境改善のニーズ捉え提案強化」

信越経済 針路を聞く

[有料会員限定]

――新型コロナウイルスの感染拡大で「巣ごもり需要」が高まっています。2021年のコメリのテーマを教えてください。

「コロナ禍で在宅の時間が増え、住環境をより良いものにしようとの風潮が高まった。その流れは21年も続くだろう。ただ、本来は外部要因によってではなく我々からもっと積極的に住宅の改善について提案すべきだったとの反省の思いもある。住宅環境がどのようにすれば良くなるのか、提案力を高める重要性が増してい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り893文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン