/

東京・新島でアルミ製洗濯ばさみ配布 海洋ゴミ問題啓発

東京都新島村の新島水産加工業協同組合と村商工会はプラスチックゴミの海洋流出防止を啓発するため、新島の全世帯にアルミ製の洗濯ばさみの配布を始める。新島では漂着するプラゴミが目立っており、住民の環境保全意識を高める。

一般的なプラ製洗濯ばさみは潮風で劣化が早く壊れやすい。同組合などは耐久性が高いアルミ製を23日から順次各世帯に配るほか、島内の所定の場所でプラ製との交換もする。1世帯あたり平均約20個を配布するという。

配布するアルミ製洗濯ばさみ「HOSSY(ホッシー)」は島特産の干物「くさや」のデザインで、今回の配布に合わせて製作した。生産量が年々減少しているくさやのPRにつなげる狙いもある。島民に配布するだけでなく、電子商取引(EC)サイトでくさやを購入した先着500人にも進呈する。

今後はクラウドファンディングで資金を募りながら、東京の他の島にも取り組みを広げていきたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン