/

聖隷福祉事業団新理事長、DXや働き方改革推進を強調

聖隷福祉事業団(浜松市)の新理事長に4月1日に就任する青木善治理事・常務執行役員(63)は3月29日、記者会見を開いた。デジタルトランスフォーメーション(DX)や働き方改革などを進め、経営基盤を強化する考えを強調した。

まず、センサーを用いた高齢者の見守りや、入浴介助の省力化などを進めて業務効率を高めるという。将来はビッグデータを使って個人に合わせた医療や介護の提供を目指す。

31日に退任する山本敏博理事長は医療中心の経営から、健康診断など保健事業や有料老人ホームなど福祉事業への総合化を推し進めてきた。

「先行き不透明ななかで規模拡大は慎重に見極める」としながらも、山本氏が進めてきた総合的な経営やスピードは引き継ぐ。80代の親と50代の子どもが社会的に孤立し困窮する「8050問題」など社会ニーズの変化に総合力で応えていく。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン