/

この記事は会員限定です

サクラエビ春漁始まる 不漁とコロナの需要減への懸念

[有料会員限定]

静岡県の特産品、サクラエビの春漁が30日始まった。31日の由比漁港の初セリでは、平均価格は昨年より3割弱高かったが大雨の影響でサクラエビが集まらず水揚げ量は前年の約9割にとどまった。長引く新型コロナウイルス禍により土産物や贈答品としての需要減も懸念される中、地元事業者や駿河湾ブランドの維持・存続に注目が集まる。

由比港漁業協同組合の宮原淳一組合長は「コロナで仲買から『出荷が少ない』と聞いていたの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り967文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン