/

竹内製作所、オランダに保守パーツの倉庫開設

小型建機の竹内製作所は、オランダに建機の交換部品など保守パーツを置く倉庫を開設した。主力市場の欧州の顧客に早期に部品を送りやすくなった。同社は保守パーツの販売など、建機のアフターサービス事業に注力しており、新拠点を開いたのを機に同事業の拡大を目指す。

「欧州パーツセンター」は3月から業務を開始した。倉庫の規模は9000平方メートル弱で、欧州全土に保守パーツを行き渡らせるために十分な広さを確保したという。同センターの開設に伴い、ドイツには欧州駐在員事務所も開設。同センターの管理のほか、現地の子会社や代理店からの保守パーツの注文などに応じていく。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン