/

「はこね金太郎ライン」4月28日開通 観光・防災に活用

神奈川県は29日、南足柄市と箱根町を結ぶ県道「はこね金太郎ライン」が4月28日に開通すると発表した。全長およそ11キロメートルで、沿道地域から東名高速道路や近隣の道の駅へのアクセスが向上する見通し。観光振興や災害時の代替ルートとしての活用も見込まれる。

区間は南足柄市矢倉沢から箱根町仙石原まで。既存の林道を改修し、県道として整備した。全幅5メートルと狭く、通行できるのは乗用車などに限る。県の試算によると、東名高速の大井松田インターから仙石原への所要時間が45分(通常時)と従来に比べて15分程度短縮する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン