/

知事会長「リバウンド前提の対策を」厚労副大臣らと会談 

全国知事会の飯泉会長は、リバウンド対策などを巡り厚労副大臣らとオンラインで会談した(29日、東京都千代田区の都道府県会館)

全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は29日、厚生労働省の山本博司副大臣らとオンラインで会談した。飯泉氏は新型コロナウイルスの感染再拡大について「変異株(ウイルス)の広がりが見られる中で、リバウンド(再拡大)を前提とした対策が必要だ」と強調。山本氏は「一部地域で増加傾向が顕著となっており、その動きを注視していくことが重要だ。緊急事態宣言は解除されたが、コロナとの新たな戦いが始まっている」と述べ、解除後も感染防止対策を徹底するため、国民への協力の呼びかけを強化する考えを示した。

会合はウェブ会議方式で開かれ、知事会側から飯泉会長のほか、鳥取県の平井伸治知事らが出席。知事会は20日に国への緊急提言をまとめ、感染再拡大を防ぐため、大規模なPCR検査や、感染経路や濃厚接触者を追跡する積極的疫学調査の徹底を要請した。ワクチンを巡っては供給量や時期などの情報を速やかに提示するほか、接種の管理に用いる厚労省のシステム「V-SYS」の入力方法の簡易化などを求めていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン