/

千葉県内求人倍率、横ばいの0.86倍

千葉労働局が29日発表した2020年12月の千葉県内の有効求人倍率(季節調整値)は0.86倍で、前月と同水準となった。有効求人数、有効求職者数はともに減少した。有効求人倍率は8月を底に改善傾向にあるものの、依然厳しい状況が続いている。

新規求人数(原数値)は前年同月に比べて11.1%減少。12カ月連続で前年の実績を下回ったが、マイナス幅は前月比で縮小した。産業別では主要11産業のうち、建設、情報通信、学術研究、宿泊・飲食サービスの4業種で前年同月を上回った。特に飲食業で求人が増えたことについて、同労働局は「新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着くとみて、年末に向けた期待感があったのかもしれない」と話す。コロナの影響を受けやすい卸売・小売は40.3%減と大幅に減った。

有効求人数(季節調整値)は0.5%減となり、6カ月ぶりにマイナスに転じた。新規求職者数(パートを含む常用)は4.3%増え、そのうち解雇など「事業主都合離職者」は30.4%増と高い水準が続いている。

雇用情勢判断は「求人が求職を下回っており、厳しさがみられる」との前回判断を維持した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン