/

静岡・由比でサクラエビ初セリ 昨春より3割高く

記録的な不漁が続く駿河湾産のサクラエビ漁が始まった。31日早朝、静岡市の由比漁港で初セリが開かれ、平均価格は2020年春の初セリに比べ、3割弱高い1ケース(15キログラム、税抜き)8万4041円となった。最高価格は同8万6280円。水揚げ量は前年の1割減の約1.7トンだった。

18年から続く不漁に対応し駿河湾では現在、漁の海域や船数を自主的に制限している。由比港漁業協同組合の宮原淳一組合長は「昨年の秋漁や昨夏の産卵状況からすると今年はこれまでと違う。(漁獲量の回復を)少し期待したい」と話す。

サクラエビ漁は例年春と秋の2回。春漁は29日に解禁されたが、大雨と強風で1日延期されていた。6月4日まで続く。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン