/

高齢者ワクチン、知事会長「予定通り供給を」 厚労相に

全国知事会の飯泉会長らはオンラインで田村厚労相と会談した(東京都千代田区の都道府県会館)

全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは28日、田村憲久厚生労働相とオンラインで会談した。新型コロナウイルスの高齢者向けワクチンについて、飯泉氏は国が予定する6月末までに必要量を供給するよう改めて要望した。

飯泉氏は終了後、記者団に「スケジュール通りに配ることが7月中に(接種を)終える近道だ」と指摘。田村氏は早期に詳細な日程を示す考えを伝えたという。

国は65歳以上の高齢者を対象としたワクチン接種を7月末までに終える方針。ワクチンは都道府県を介して配布され、市区町村が接種を担っている。

東京、大阪など4都府県に25日から緊急事態宣言が発令されることを受け、知事会は24日に国への緊急提言をまとめていた。5月11日までの宣言期間を通じて「簡単に再拡大しないレベルにまで感染者を減少させる」ことなどを求めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン