/

この記事は会員限定です

次世代移動サービス、静岡で実証続々 地域課題に対応

[有料会員限定]

静岡県内で「MaaS(マース)」と呼ばれる次世代移動サービスの実証実験が相次いでいる。浜松市はオンライン診療やドローンを使って処方箋薬を配達する実験に取り組み、湖西市は企業の送迎バスを公共交通に生かす実験を実施。過疎地での「地域の足」の確保など、それぞれの地域が抱える社会課題の解決をめざす。

「声の様子がこの前とちょっと違いますね」。浜松市天竜区の中山間地、春野地区にある春野協働センター。施設に止...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1082文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン