/

この記事は会員限定です

脱炭素社会へ車の電動化推進 充電拠点などインフラ整備

東京都予算2021(中)

[有料会員限定]

「令和3年度(2021年度)を非ガソリン化元年と位置づける」。小池百合子知事は1月29日の記者会見でこう強調した。19年の都内の新車販売のうち、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)など電動車の割合は約4割。都は30年までにこれを100%まで引き上げることをめざしており、目標達成へ施策を本格展開する1年とする。予算案では、EVや燃料電池車(FCV)など二酸化炭素を排出しないゼロエミッション車(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン