/

この記事は会員限定です

コロナ禍の社労士、自動化助っ人は栃木発 導入広がる

[有料会員限定]

TMC経営支援センター(栃木県那須塩原市)が開発したRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)が全国の社会保険労務士法人から引っ張りだことなっている。健康保険や雇用保険の加入脱退に伴う手続きなどを24時間休み無しでこなすとあって注文が殺到。コロナ禍で士業も在宅勤務にシフトするなか、業務遂行に欠かせない存在になりつつある。

北は北海道から南は沖縄まで――。TMC経営支援センターのオフィスの壁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン