/

この記事は会員限定です

「太田道灌」で街おこし 埼玉・越生、銅像既に3体目

[有料会員限定]

埼玉県の中西部、越生(おごせ)町で江戸城築城で知られる室町期の武将、太田道灌(1432~86)をテーマにした街おこしが進んでいる。ご当地出身との伝承があり、町内にはゆかりの地がいくつも残る。県内でも知名度が決して高くない町にとって、歴史ファンに人気の名将への期待は高い。

2020年12月21日、東武越生線・越生駅西口に越生町の総合案内所が完成した。施設の名前は「道灌おもてなしプラザ」。施設前には道...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り731文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン