/

さいたま市長選、前島氏が出馬 共産系団体から

(更新)

共産党や労働組合で構成する「みんなのさいたま市をつくる会」の代表委員で、元小学校教師の前島英男氏(67)は27日、任期満了に伴うさいたま市長選(5月23日投開票)に無所属で立候補すると表明した。前島氏は2017年の前回市長選に続き、2回目の出馬となる。

前島氏は新型コロナウイルスの感染拡大が市民生活にも大きな影響を与えていると指摘し、給食費や水道料金の減免などの支援策が必要だと強調。4選出馬を表明した清水勇人市長以外に立候補の動きがないことを踏まえ「清水市政を批判する勢力がいるのは大事だ」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン