/

栃木銀、ドコモと顧客のICT活用支援

栃木銀行はNTTドコモと顧客企業のICT(情報通信技術)活用支援を始めた。コロナ禍を契機に地方企業も在宅勤務の推進などICT活用に関心を示している。ドコモが持つウェブ会議システムやビジネスチャット、クラウド型の勤怠管理といったツールを組み合わせ、取引先の業務効率化を後押しする。

栃木銀は資金繰りを含めた顧客企業の課題解決を進めるため、全店にソリューション・サポーターを配置している。これまでドコモはサポーター向けのITスキル研修を手がけてきたが、今後はサポーターとともに同行の法人顧客の課題解決に取り組む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン