/

この記事は会員限定です

つくば市、スーパーシティ構想で51事業者と連携

[有料会員限定]

茨城県つくば市は政府の人工知能(AI)やビッグデータといった先端技術を活用した「スーパーシティ」の区域指定の申請に向け、計51の企業や大学、研究機関を連携事業者として決定した。市は今後、スーパーシティの基本構想をまとめ、3月ごろに内閣府に提出する予定。

選んだのは、筑波大学や産業技術総合研究所、国立環境研究所、農業・食品産業技術総合研究機構、防災科学技術研究所など市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン