/

選挙戦で公開討論会見送り「時間なかった」 山形県知事

山形県の吉村美栄子知事は27日、知事選で4選を決めた後、初めてとなる定例記者会見を開いた。子育て費用無償化など公約の実現について「予算編成を始めたばかり」と明言を避けた。公開討論会を受けなかったことについては、新型コロナウイルスへの対応で「時間がなかった」と述べた。

当選後、初めての定例記者会見で質問に答える吉村美枝子知事(27日、県庁)

選挙戦では知事が政策論議を避けているという批判もあったが、「平時の時ならいいが有事の時にはどうか。告示後は県内をまわるだけで大変で、政策は政見放送で訴えた」と述べた。複数の市長が「知事が会ってくれない」など不満を表明して対立候補を支持したことについては、「なぜ突然発言したのか心外だ」と反発した。

酒田市の飛島に住む住民に、選挙の直前に災害用のコメが配られたことについては、「船が欠航し孤立しかねなかった。担当から配布するとの報告を受けいいことだと思った」との認識を示した。多選によって職員が忖度(そんたく)したり、情報が偏ったりする可能性については、「4選したが初心にたちかえり、対話重視でいきたい」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン