/

この記事は会員限定です

首都圏の私鉄、コロナで販路縮小の農業生産者を支援

#ハッシュタグ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響を受けた首都圏の農業生産者を支援する動きが、首都圏の私鉄各社で広がっている。グループの観光施設や商業施設で新鮮な果物を販売したり、車両の空席を配送に活用したりして農産物の流通を促す。緊急事態宣言で収穫体験などの客が減り、苦境に立つ沿線の地域経済を下支えする狙いだ。

「市役所の知人から農園が困っていると聞き試食したところ、なぜこんなに甘いのかと驚きました」。京浜急行電鉄のグループ企業、観...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン