/

この記事は会員限定です

新潟のブナ、家具や建具に 民間プロジェクト裾野広がる

信越トピックス

[有料会員限定]

新潟県内に自生する広葉樹のブナを持続的に管理して有効利用するスノービーチ(雪国のブナ)プロジェクト。スタートから5年が経過し、家具や内装材、雑貨など製品化の裾野が広がってきた。趣旨に賛同した様々な事業者が関わり、地域資源としてのブランド認知度も高まりつつある。

プロジェクトは新潟大学の紙谷智彦名誉教授(農学博士)の呼びかけで2015年に始まった。県内にはブナ林が多く、かつてはまきや炭に利用されてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1322文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン