/

この記事は会員限定です

行政サービスでLINE活用 首都圏、コロナで導入に弾み

[有料会員限定]

首都圏の自治体で無料通話アプリ「LINE」の活用が広がっている。LINEの高い普及率を生かして新型コロナウイルスに関する情報発信や住民票の発行申請のほか、災害時の情報収集や避難案内にも使われる見通しだ。コロナで迫られる行政のデジタル化で導入に弾みがついており、多様な行政サービスで活用されている。

神奈川県は2月26日、AI防災協議会などと組み、LINEを使った「防災チャットボット」の実証実験を実施...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1146文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン