/

第四北越FG、新社長に殖栗氏 

第四北越FGの新社長に就く殖栗道郎氏

第四北越フィナンシャルグループ(FG)は、殖栗道郎取締役(58)が社長に昇格する人事を固めた。4月1日に就任する見込み。傘下の第四北越銀行でも現任の常務から頭取に昇格する。FGの並木富士雄社長(69)は代表権のある会長に就く。月内にも発表する。第四北越銀は1月1日に第四銀行、北越銀行の合併で発足した。トップの若返りで合併効果の発揮と成長を目指す。

殖栗 道郎氏(うえぐり・みちろう)86年(昭61年)第四銀行(現第四北越銀行)入行。17年取締役、18年常務。21年1月発足の第四北越銀常務。18年10月に発足した第四北越FG取締役と兼務。新潟県出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン