/

茨城県、ワクチン接種156施設 医療従事者ら9万人対象

茨城県が県医師会と連携し、新型コロナウイルスのワクチン接種に向けた準備を急いでいる。これまでに接種に対応する医療機関として県内156施設を選定した。先行して接種する医師や看護師、行政職員といった医療従事者らの対象は約9万人に及ぶ。

26日の新型コロナ感染症対策協議会ではワクチン接種体制の整備などを協議した(茨城県庁)

県は1月中旬に13人によるワクチン接種チームを発足させた。26日は学識者や関係団体、医療機関による新型コロナ感染症対策協議会を開き、退院した患者の受け入れ体制のほかワクチン接種体制の整備を協議した。

接種は2月末にも国の直轄で、国立病院機構の水戸医療センター(茨城町)と茨城東病院(東海村)の医療従事者向けに始まる。県と医師会は接種予定者リストの作成や場所の調整を進め、3月からその他の医療従事者に接種する。

接種に対応した医療機関のうち、大型医療機関が接種を担う「基本型接種施設」にはワクチンを保管する「ディープフリーザー」と呼ぶ超低温冷凍庫を設ける。そこから移送されたワクチンで接種する「連携型接種施設」は冷蔵庫で保管する。

医療従事者に続く高齢者やその他の県民への接種は市町村が調整する。鹿嶋市が対策プロジェクトチームを設けるなど準備の動きが広がっている。

ワクチン保管体制の整備方法や、密を防げる場所の確保など課題は多い。検査や診療が多忙を極める中、ワクチン接種を担う医療従事者をどう確保するかなど難しい対応を迫られる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン