/

この記事は会員限定です

生まれるシーズ、離れる企業 筑波研究学園都市

[有料会員限定]

「欧米で格好いいことって大都市から1時間の距離で起こるとされる。シリコンバレーやつくばはまさにそうだ」。米国暮らしが長い睡眠研究の第一人者、筑波大学の柳沢正史教授はこう話す。

「筑波研究学園都市交流協議会」が2020年に公表した調査によると、筑波研究学園都市に立地する465機関のうち、回答した137機関には研究者が約1万3000人在籍する。1万2000本の論文が掲載され、1400件の特許が取得され...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1631文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン